ここから本文です

■インプラント

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。インプラントは自分の歯と同じように噛める最新の治療方法です。

【インプラントは、保険外治療になります。】

■ インプラントと他の歯科治療との比較

治療法 メリット デメリット
インプラント
inpulant10
  • 入れ歯やブリッジに比べ、周囲の自分の歯への負担を軽減できる。
  • 周りの歯を削らなくてよい。
  • 外科的な手術が必要
  • 全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
入れ歯
artificial10
  • 健全な歯をほとんど削らなくてすむ。
  • 入れ歯に違和感を感じることがある。
  • バネのかかる歯に負担がかかる。
  • かんだ時に入れ歯が沈むため、噛む力が通常より落ちる。
  • 見た目が良くない場合がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
ブリッジ
blidg
  • 費用をかければ、見た目の仕上がりがよい。
  • 固定式のため、装着しても違和感があまりない。
  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
  • ブリッジの間の清掃が難しいため、虫歯や歯肉の炎症が起こることがある。

■ インプラント治療の手順

1. 審査と治療計画

インプラント治療に必要な審査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。CT撮影を行い、骨の幅、深さ、骨密度などをしっかりと把握した上で計画をたてます。

2. フィクスチャー埋入手術

歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行ないます。局所麻酔を用いて行います。

3. 治癒期間(3~6ケ月)

骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。必要に応じて仮の歯を入れます。 ※治癒期間は個人差があります。

アパットメントと人工歯
4. アバットメントの連結

人工の歯の支台(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。この時、簡単な手術を行う場合もあります。

5. 人工歯の装着

口の中全体の印象採得(型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製し、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

6. メンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。正しい歯みがきをご指導しますので、心がけてください。

また、半年に1度、定期検診を受けインプラントの状態チェック、メンテナンスいたします。

訪問歯科について:訪問歯科の診療内容をご案内します。
交通アクセス:うちだ歯科への道順をご案内します(JR木下駅7分、小林駅から一駅)。
診察時間:診察時間と休診日をご案内します。
よくあるご質問:治療の素朴な疑問についてお答えします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。 TEL 0476-36-7887